*

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

2014/06/22 | オススメ書籍

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったなんて!という驚きと、そこでイキイキと働いている人たちが素敵、という感動なんだろう。そんな気持ちが色濃

続きを見る

日本経済学会@同志社大学に行ってきた

2014/06/20 | 日本, 研究・論文

先週末は日本経済学会の春季大会で報告してきた。会場は京都の同志社大学ということで、初めてここを訪れた。京都御所の目の前という絶好のロケーションにある。   キャンパスの規

続きを見る

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEconomistの記事。How did Japan come to be the world leade

続きを見る

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

2014/06/16 | オススメ書籍

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナル&ノイズ』は、「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」の中でも紹介したように、圧倒

続きを見る

サッカー日本代表W杯開幕戦:日本のサッカーを強くする25の視点

あと数時間で、日本対コートジボワール戦のキックオフ。おそらく今回も相当大勢の日本人が、このときばかりはと応援するのだろう。Economist 誌の記事では、以下のように各国の国民がどれくらい前回(20

続きを見る

サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢

2014/06/13 | スポーツ, データ

いよいよ開幕したサッカー・ワールドカップ。日本時間今朝の開幕戦ブラジル対クロアチアは、3-1のスコアでブラジルの逆転勝ち。もちろん早朝から生中継見ましたよね?   さてさて、『シ

続きを見る

サッカーW杯:絶対に負けられないファッションブランドの闘い

2014/06/11 | ニュース

先日の「絶対に負けられないサッカー・ワールドカップの舞台裏:スポーツブランドのもう一つの闘い」では、サッカーW杯を前にいち早く過熱する世界のスポーツブランド同士の闘いについて書いたが、もちろんW杯はそ

続きを見る

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

2014/06/09 | 海外

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータン・パロ」だった。この番組を通して、ブータンの実に美しい景色と祭りをご覧になった方も多かったのではな

続きを見る

現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

2014/06/07 | オススメ漫画

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』でお馴染みの人気漫画家・佐藤秀峰によるエッセイ漫画『漫画貧乏』が、現在Kindleで無料提供中。これを機会に思わず再読し、そして改めて思う、電子書籍とくに漫画界

続きを見る

リニューアルオープンしたばかりの南魚沼市図書館に行ってきた

2014/06/04 | 南魚沼・新潟

今月リニューアルオープンした南魚沼市図書館に、早速行ってきたぞ。六日町駅前に立地しているこの図書館。玄関から入って内部を見渡すとこんな感じだ。明るいデザインに色調と採光、なかなかに素敵な雰囲気を醸成し

続きを見る

林業男子と林業女子:Wood Jobs!

「少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!」で書いたように、『舟を編む』の著者三浦しをんによる『神去なあなあ日常』が面白い。現在公開中の映画「WOOD JOB!」の原作だ。映画公開に合わせて現在Kind

続きを見る

サッカー監督の経済学:シメオネ率いるアトレチコ・マドリードの躍進

2014/05/23 | ニュース

スポーツ選手の成績は数字に如実に表れる。野球の野手なら打率や本塁打数、投手なら奪三振数や防御率といった具合だ。野球に比べて数値化しずらいと言われるサッカーでも、ゴール数、アシスト数、パス成功率等々、選

続きを見る

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを、さらに興味深く見せてくれる。例えば「フェイスブックから愛を込めて」や、「バレンタインの統計学と経済

続きを見る

絶対に負けられないサッカー・ワールドカップの舞台裏:スポーツブランドのもう一つの闘い

「絶対に負けられない戦い」に直面しているのは、もちろんサッカー選手だけではない。監督やスタッフ等もそうなのだが、もっと言えば、ある意味最も熾烈な闘争をしているのが、世界のグローバルスポーツブランドでは

続きを見る

米ソ冷戦に翻弄された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの生涯

2014/05/20 | オススメ書籍

日曜日夜にNHK-BSで放送された「天才ボビー・フィッシャーの闘い~チェス盤上の米ソ冷戦~」をとても興味深く視聴した。 史上最強のチェスチャンピオン、ボビー・フィッシャー。冷戦時代はソビエトが国家を

続きを見る

ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

2014/05/19 | 海外

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き 西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

続きを見る

少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!

2014/05/16 | オススメ書籍

本屋大賞を受賞した三浦しをん『舟を編む』で思わず国語辞典にはまってしまった僕が、その後辞書を一式揃えてみて、それぞれの個性を楽しんでいるというのは、以前書いたとおりだ。  

続きを見る

英国プレミア・リーグと、リバプールのData-driven football

2014/05/15 | スポーツ, データ

今シーズンの英国サッカー「プレミア・リーグ」が、マンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた。それを不思議がる人はもういないほどに、シティは変わり今や世界有数のリッチなクラブとなった。以前に「フットボール

続きを見る

南魚沼の春:桜と山菜ところどころ雪

2014/05/14 | 南魚沼・新潟

「南魚沼は今が桜満開」で書いたように、南魚沼の地で桜が開花したのが4月の中旬のこと。東京に比べてずいぶんと遅い桜に改めて雪国を感じたのだが、もう一つ興味深いのがこの地の桜が開花している時間が長いこと。

続きを見る

アメリカ地方自治体の分断:富裕層による独立運動

2014/05/13 | アメリカ, ニュース

先日のNHKクローズアップ現代を興味深く視た。「“独立”する富裕層 ~アメリカ 深まる社会の分断~」と題された特集では、現在アメリカの地方自治体で起こりつつある、富裕層による「独立運動」が取り上げられ

続きを見る

明鏡国語辞典の最大の特徴は「問題な日本語」に対する答え

2014/05/12 | オススメ書籍

国語辞典編纂という仕事は、とても重要なものなのに一般に知られることがほとんどない。その職務内容やそこに携わる人物を鮮やかに描いた三浦しをんの『舟を編む』は、だからこそとても興味深く読んだ。なにしろ僕自

続きを見る

Kindle 版がいま大幅値下げ中の、おすすめ英語テキストまとめ

2014/04/30 | 英語

さて前回書いたように、おすすめの一冊『ビジネスパーソンの英単語帳』がKindle 版で大幅値下げセールをしている。   カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソ

続きを見る

年収は「住むところ」で決まる: The New Geography of Jobs

2014/04/29 | アメリカ, データ

"How Professional Salaries Vary Around the Country" というウォール・ストリート・ジャーナルの記事。"If money is your object,

続きを見る

おすすめ 『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳』がKindleセール中

2014/04/28 | 英語

僕もこれまで何度もおすすめしてきた関谷英里子『カリスマ同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳』が現在、Kindle で大幅セール商品となっている。   カ

続きを見る

南魚沼は今が桜満開

2014/04/26 | 南魚沼・新潟

やっぱり雪国なんだなあと思うのは、今ようやく桜が満開となっているから。山の頂にはまだ白雪が残り、咲き誇る花とのコントラストがとても美しい。     国際大

続きを見る

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりクリアにしておくというのは、海を渡った後でとても役立つことなのではないかと思う。  

続きを見る

プロフェッショナルのコンテナ物語

昨晩ひさしぶりにNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 』を見た。「港のエース、ガンマンの絆」と題された、横浜港のクレーン運転士の物語だった。 日本の物流を支える港湾。その中でも横浜港南本牧ふ頭は

続きを見る

TSUTAYA運営の市立図書館に続き、今度は学習塾ノウハウを公教育に導入:いま話題の佐賀県武雄市に行ってきた

2014/04/21 | ニュース, 日本

佐賀県武雄市がまた新しい取り組みを始めたようだ。 (NHKニュース)佐賀県武雄市は、来年の春から公立の小学校に民間の学習塾の指導法を取り入れ、官民一体で授業に取り組むと発表しました。文部科学省により

続きを見る

アートは小説よりも奇なり:盗作と贋作の歴史、美術ノンフィクションが面白い

なんと、僕が好んで読む美術ノンフィクションの傑作が2冊も文庫版として再登場しているではないか。『ギャラリーフェイク』や『ゼロ』といった名作漫画のテーマにもなっているように、アートの歴史はミステリーとサ

続きを見る

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

2014/04/19 | オススメ書籍, 海外

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き   ブータン国旗は世界有数の複雑なデザインをしている。とくにドゥ

続きを見る

Amazon Campaign

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

PAGE TOP ↑