*

パーソナルゲノム時代の医療:米国の予防的手術

2015/01/22 | アメリカ, ニュース

本日の Kindle 日替わりセールに『遺伝子医療革命 ―ゲノム科学がわたしたちを変える』が登場。紙の単行本では2,300円するものが、電子書籍なら今日だけのセールとはいえ600円と定価の7割引きで買

続きを見る

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つマンガなのである。なぜ人は山に登るのか、それも死と隣合わせの山に。そしてそんな人を救助する側は、どん

続きを見る

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどまでに相次ぐのか、ということであろう。それは国を問わず分野を問わず、その裾野は広く深く、そして暗い。「

続きを見る

フィナンシャル・タイムズと昼食を:2人の投資家が体現するアメリカ社会の変容

2015/01/19 | 英語

以前に「フィナンシャル・タイムズと昼食を」で紹介したように、フィナンシャル・タイムズ紙の日曜版に掲載される "Lunch with the FT" がなかなかに面白いのである。大企業経営者から政治家、

続きを見る

Kindle電子書籍でエキサイティングに読もう、今あらためて宇宙論がおもしろい

2015/01/18 | Kindle, オススメ書籍

僕は大栗博司『重力とは何か』を2年ほど前に読み、「この宇宙論はおもしろいよ!」と書いたのだが、その気持は今も全く変わらない。本書の最終章で著者が次のように書くように、新しいアイデアと、それを突き詰める

続きを見る

WOWOW連続ドラマの新作『翳りゆく夏』、本日スタート

これまで何度もオススメしてきた、WOWOWの連続ドラマWシリーズ。その待望の新作が本日からスタートする。このシリーズの何がスゴイのかは、「大人にオススメの本格的社会派ドラマ」にまとめた通りなのだが、「

続きを見る

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月に、今こそ行きたい場所52ヶ所をリストアップしている。その今年版、”52 Places to Go

続きを見る

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

2015/01/06 | オススメ, ニュース

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい」で白状したよう

続きを見る

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

2015/01/02 | Kindle, オススメ書籍

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は多いだろうが、そんな人たちにお勧めしたいのが堂場瞬一の『チーム』である。  

続きを見る

年末年始にWOWOWを観るべき絶対的理由:おすすめ連続ドラマWがまとめて再放送

「WOWOW「連続ドラマW」これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」でも紹介したように、いま、WOWOW の「連続ドラマW」シリーズが面白い。ものすごくクオリティが高い、大人のための本格的社会派ド

続きを見る

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

2014/12/27 | オススメ

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大きな話題となった。 産経ニュース:将棋の羽生善治がチェス元世界王者とチェス対決 naver

続きを見る

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

2014/12/26 | オススメ書籍

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle版と書籍版とで分けて、1位から順にいきます。以下、まずはKindle電子書籍のベストセラーから。

続きを見る

現代アメリカ社会の象徴:メガチャーチの誕生と新たなコミュニティの創造

2014/12/25 | アメリカ

毎年クリスマスを迎えるたびに思い出すことがある。それは若い頃の甘酸っぱいデートの記憶、ではもちろんない。そうではなく、僕がいつも思い起こすのが、アメリカのメガチャーチだ。僕がこの現代アメリカ社会を象徴

続きを見る

Kindleコミック:おすすめ無料・格安漫画の探し方

2014/12/24 | オススメ漫画

「電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか」にも詳しく書いたように、この一年で電子書籍の普及に弾みがついたのは間違いなさそうだ。ただ日本の市場環境にあっては、以下のように(イ

続きを見る

岩波書店がAmazonで電子書籍Kindle版を配信開始:おすすめは『日本人の英語』

2014/12/22 | ニュース, 英語

岩波書店がいよいよAmazonでも電子書籍を配信開始、というニュース。岩波文庫や岩波現代文庫そして岩波新書のロングセラーやベストセラーが、ぞくぞくとKindle 版で登場となった。  

続きを見る

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

2014/12/20 | オススメ

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編で今年買ったベストアイテム5選を紹介しよう。   ダイソン製ベッド布団用ハンディク

続きを見る

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

2014/12/17 | オススメ漫画

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこのマンガ大賞を、今年受賞したのが森薫の『乙嫁語り』だったというのは、2014年のハッピーニュースの一

続きを見る

今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選

2014/12/16 | オススメ

今年もいよいよ年の瀬。この一年、仕事に関連するオフィス・アイテムを色々と買った中で、これは最高!と思えるものを厳選して7つ紹介したい。   富士通 ScanSnap(スキャンスナップ

続きを見る

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今年一番のおすすめ経営書」として多方面から評価されていることに異論がある人は多くはないだろう。それくら

続きを見る

電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

2014/12/14 | オススメ, ニュース

今年は、電子書籍がより一層勢いを増して拡大した一年だったと振り返ることが出来るだろう。2013年の始め頃にはまだ「今度こそ本当の電子書籍元年か?」なんて言っていたのを思い出すと、もはや隔世の感である。

続きを見る

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた。ここは伝統美術から現代アートや写真まで、守備範囲の広い展示会を企画しており、僕もちょく

続きを見る

リチャード・マシスン『縮みゆく男』と、名医ブラックジャックにも治せない病

2014/12/13 | オススメ書籍

普段は僕自身読むことも少なく、おすすめする機会もほとんどないフィクションの分野。だけどこれだけは紹介したいという一冊が、このリチャード・マシスンの『縮みゆく男』である。1957年に執筆されたこの作品が

続きを見る

法律改正、脳死判定、臓器移植、そしてコーディネーター

2014/12/12 | ニュース

先日、「6歳未満女児の脳死判定、臓器提供へ:国内2例目」というニュースがあった。そして「心臓と肺を男児へ移植:6歳未満の脳死女児から摘出」と臓器移植が行われた。2010年施行の改正臓器移植法によって、

続きを見る

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。いままで朝ドラなんて全然見たことなかったのだけれども、アメリカで「あまちゃん」を見てからすっかりはまっ

続きを見る

iPhone 6 ケースとして超おすすめできる、パワーサポート製エアージャケット

2014/12/09 | オススメ

先日、iPhone 5 から iPhone 6 に乗り換えた。最初はサイズが大き過ぎるのではないかと思っていたのだが、慣れてしまえばこれくらいの画面の方が何もかも操作しやすいことに改めて気づく。さらに

続きを見る

英語論文校正・校閲おすすめサービスの使い方: 世界最大のクラウドソーシング Freelancer.com が早くて安い

クラウドソーシングで英語論文を校正する 過去5回にわたって、英語アカデミック・ライティングのおすすめテキストを紹介してきた。 英文ライティングここから始める必読テキスト4選 よりモダ

続きを見る

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問題となっている。なにしろ定員の4分の1近くが欠員となっており、それゆえに100人以上の受刑者を収容で

続きを見る

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

2014/12/05 | Kindle, 英語

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に安くなっている。以前にも前編と合わせて何度もおすすめした本書は、お手軽ながらもとても役立つ一冊だ。

続きを見る

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味を生み出している。全国一の酒蔵数を誇り、県内錚々たる酒造が一堂に介したイベントが、あの「にいがた酒の

続きを見る

【TEDトーク】国語辞典のすすめ:辞書編纂の面白さは、英語も日本語も同じ

2014/11/15 | オススメ書籍

先日のNHK-Eテレ「スーパープレゼンテーション」に、辞書編纂者のエリン・マッキーンが登場。そのトークを興味深く聞いた。 1971年生まれ。8歳のとき、Oxford English Dictiona

続きを見る

Amazon Campaign

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2018年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

全米オープンテニス|錦織がフルセットを制して準決勝進出

日本時間早朝の全米オープンテニス生中継を観戦したみなさま、お疲れ様でし

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なお

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になった

ジョジョの奇妙な原画展|荒木飛呂彦の冒険

この夏最大の注目とも言えるべきイベント、「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

PAGE TOP ↑